パル・コラム

2014/07/30カテゴリ:栄養・食事について(管理栄養士コラム)

脂溶性ビタミンの役割りについて

こんにちわ。東武東上線沿線で調剤薬局を展開している株式会社パル・オネストの事務兼管理栄養士社員です。

前回までで、5大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル)についての簡単なご紹介が終わりました。

それぞれの栄養素の秘密、ご理解頂けたでしょうか?!

今回からは、13種類のビタミン、13種類のミネラルについて、それぞれ詳しく説明していきたいと思います。

まずは、脂溶性ビタミンからです☆

ビタミンA
ビタミンAは、目や皮膚、粘膜などの健康を保ち感染症を防ぐほか、老化やガンの予防に有効な抗酸化作用があります。

不足すると、感染症にかかりやすくなったり、夜盲症という目の病気になることがあります。

ではどのような食品にビタミンAが含まれているかというと・・・
レバー・うなぎ・銀だら・モロヘイヤ・にんじん・ほうれん草・かぼちゃなどです。

脂溶性なので炒め物にしたり、ドレッシングをかけて油脂と一緒に摂取すると吸収率が高まるのでオススメです!

目が疲れたな?皮膚がカサカサだな?風邪気味だな?というあなた!

是非ビタミンAを積極的に摂取してみて下さい!

ビタミンD
ビタミンDはカルシウムの吸収を高め、丈夫な骨を作るためのサポート役となります。
また、食品から摂取するほか、皮膚を紫外線に当てることによっても合成されます。
不足すると、子供ではくる病、大人では骨粗しょう症・骨軟化症のリスクが高まります。

ではどのような食品にビタミンDが含まれているかというと・・・
いわし・鮭・さんま・しらす干し・きくらげ・しめじ・まいたけ・ぶなしめじ・干ししいたけなどです。

干ししいたけを使う場合は、食べる前に天日干しにしてから調理するとビタミンDが増えていくのでオススメです!

また、日光浴によっても皮膚からビタミンDを合成することが出来るのですが、度が過ぎると皮膚ガンのリスクを高めてしまいます。

一番効率よくビタミンDを合成出来る場所は"手のひら"となりますので、手のひら以外の場所にはしっかり日焼け止めを塗って頂きまして、手のひらのみを太陽にかざすようにしてみて下さい!

ビタミンAとビタミンDの秘密、わかって頂けたでしょうか?

次回は残りの脂溶性ビタミンである、ビタミンE・ビタミンKについて詳しくお話していきますのでお楽しみに★

» パル・コラム トップへ


お薬の情報ボックス パルコラム

RSS


ページ先頭へ