パル・コラム

2013/10/18カテゴリ:栄養・食事について(管理栄養士コラム)

5大栄養素とその役割について

こんにちわ。東武東上線沿線調剤薬局を展開している株式会社パル・オネストの事務兼管理栄養士社員です。

前回のコラムでは、"栄養"と"栄養素"の違いについて学びましたね!!
今回のコラムでは、私たちがいつも体に取り入れている"栄養素"について細かくご紹介していこうと思います。

さて!!
"栄養素"といってもいくつか種類があり、それぞれが様々な役割を果たしていることをご存知でしょうか?

栄養素を分類すると5つに分けることができ、これらは5大栄養素と呼ばれています。
『炭水化物』『タンパク質』『脂質』『ビタミン』『ミネラル』

・・と、どれも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?!

これらを働き別に3つに分けると・・

1『タンパク質』→体の骨や組織・筋肉などを作る
2『炭水化物』『脂質』→熱や力になる
3『ビタミン』『ミネラル』→体の調子を整える

車に例えると・・

1がエンジン、2がガソリン、3がエンジンオイルといったところですね!!

3つとも車を動かすには必要不可欠です!!

人間の体もこれと同じです。
栄養素がバランスよく取り入れられなければ、正常に動くことができません。

多過ぎてもダメ!!少な過ぎてもダメなのです!!

栄養素それぞれの役割や特徴を活かして上手に取り入れていきたいものですね!!

次回以降、それぞれの栄養素について更に詳しく説明していきたいと思います☆
お楽しみに。

» パル・コラム トップへ


お薬の情報ボックス パルコラム

RSS


ページ先頭へ