パル・コラム

2013/10/04カテゴリ:栄養・食事について(管理栄養士コラム)

栄養って実はすごく深いんです!!

はじめまして。こんにちわ。東武東上線沿線調剤薬局を展開している株式会社パル・オネストの事務社員です。

しかし、実は管理栄養士の資格を持っています。そこで、このカテゴリーでは「栄養」や「食」に関して様々な情報を発信していき、皆様の健康のサポートをしていければいいなと考えております。

初回は、栄養とは何ぞや?ということで「栄養」と「栄養素」について簡単に説明させていただこうかと思います。

まず2つの定義は以下の通りです。

栄養・・・生物が必要な物質を外界から摂取し、それを利用して生命活動を営み自らの健康を維持・増進したり、体を構成したりする現象。
栄養素・・・生命を維持し、生活活動を営むために摂取すべき物質。

これが本来の定義となっています。難しいですね。

簡単に説明すると、わたしたちは食事からたくさんの栄養素を摂取しているわけですが、その栄養素をうまく利用して体を作り、機能を向上させ維持し、そして体の調子を整えてくれるのが栄養というわけです。

普段から栄養、栄養と何気なく言葉にしてるかもしれませんが、こんなに深い意味があったなんて改めて考えると驚きですよね?
「もっと栄養がある食べ物を食べなきゃ。」などと何気なく言っていたりはしませんか?

正確には「もっと栄養素がある食べ物を食べなきゃ」となるんです。

つまり「栄養」とは物質ではなく現象のことなんですよ。

栄養素は皆様もご存知の通りたくさんの種類や働きがあります。
次回からはそんな栄養素について少しずつ紹介していきたいと思います。


» パル・コラム トップへ


お薬の情報ボックス パルコラム

RSS


ページ先頭へ