• ホーム
  • パル・コラム
  • お薬手帳の活用テクニック教えます! 〜副作用歴だけでなく良く効いた薬も記載しておこう〜

パル・コラム

2013/05/20カテゴリ:お薬手帳について, お薬手帳の活用テクニック

お薬手帳の活用テクニック教えます! 〜副作用歴だけでなく良く効いた薬も記載しておこう〜

こんにちわ。
東武東上線沿線調剤薬局を展開している株式会社パル・オネストの薬剤師社員です。

このカテゴリーでは当社の薬剤師がおススメするお薬手帳活用テクニックについてお話していきます。

さて、今回はお薬手帳をうまく活用して効率よく治療を進めていく方法をお教え致しましょう。

それはズバリ、服用した薬のうちよく効いたなと感じた薬をお薬手帳にメモしておくだけです。


ある薬を服用して「副作用が出た」あるいは「アレルギーが出た」など自分にとって不利益な症状が出たときはお薬手帳にその旨を記載する人は少なくないと思います。

しかし、よく効いた薬はどうでしょうか?

おそらく、よく効いた薬というのは特に手帳に何も記載せず、「あー、良くなった」で終わってしまっている方がほとんどではないでしょうか?

人間というのは「快楽を追求するか?」「苦しみから逃れるか?」の2つの選択肢があった場合、心理学的にほとんどの人は後者を選ぶそうです。

つまり、副作用情報を記載する=苦しみから逃れる、よく効いた薬を記載する=快楽を追求すると言い換える事が出来ます。

しかし、このよく効いた薬を手帳に記載しておく事こそが病気を早く治すための助けになる事があるのです。

一度服用してすぐ熱が下がった、すぐに痛みが治まった、すぐに咳が止まったなど、自分が服用した薬でよく効いたなと感じた薬をお薬手帳にメモしておけば、また同じような病気になった時にそのお薬手帳を医師に見せれば、自分にとってよく効いた(自分に合った)薬を出してくれるかもしれないのです。


手帳 良く効いた薬.png
例えば、出張先で風邪をひいたり、勤務中に転んで足を怪我したりしてしまった時に、過去に服用して風邪がすぐに治った薬やよく効いた鎮痛剤をお薬手帳に書いておき、それを出張先や勤務先の近くのクリニックで医師に見せれば自分にあった薬を出してくれるかもしれません。

実は、よく効いた薬を手帳に記載しておくという事は、無駄な薬を服用しなくても済むということにもなり、医療費の削減にもなるかもしれません。

不要な薬は極力服用せず、本当に自分に合った(自分にとって良く効いた)薬のみを服用する事でスムーズに病気を治す事ができるかもしれないのです。

もちろん、病気によって処方する薬も異なりますので、全部が全部当てはまる訳ではありませんが書いておいても決して損ではありませんし、スムーズに治療を進めていく上で書かせない情報の1つだと思いますよ。


お薬手帳活用テクニック 〜お薬手帳には必ず副作用歴・アレルギー歴・病歴を書き込んでおこう!〜はこちらをクリック

お薬手帳活用テクニック 〜お薬手帳にはメールアドレスも記載しよう!〜 はこちらをクリック

お薬手帳活用テクニック 〜絶対見逃してほしくない情報は手帳の表紙に書く〜 はこちらをクリック

お薬手帳活用テクニック 〜お薬手帳にはインデックスをつけよう〜はこちらをクリック

お薬手帳活用テクニック 〜ジェネリックを服用している人は先発医薬品名も書いておこう〜 はこちらをクリック

お薬手帳活用テクニック 〜薬の内容が毎回同じでも必ず記録を残しておこう〜 はこちらをクリック

お薬手帳活用に関する過去の記事はこちらをクリック

» パル・コラム トップへ


お薬の情報ボックス パルコラム

RSS


ページ先頭へ