パル・コラム

2012/01/11カテゴリ:病気予防

インフルエンザについて

こんにちわ。

東武東上線沿線調剤薬局を展開している株式会社パル・オネストの薬剤師社員です。


みなさんインフルエンザにかかったことはありますか?

私は昨年かかりましたが、とても辛かったのを覚えています。ちょっとだるいな、と思って熱を測ったら39度近くありました。熱が急に上がるのが特徴と聞いていましたが、ここまで短時間だとは思いませんでした。また寒気がして節々が痛み、痰の絡む咳が止まらず、辛い経験をしました。
インフルエンザの症状は急な高熱・咳・関節痛・頭痛などが代表的です。初期には寒気を伴うこともあります。もしお子さんや周囲の方にこのような症状が出たら、すぐに医療機関に受診する事をお勧めします。
現在、タミフルをはじめとするいくつかのインフルエンザ治療薬がありますが、「48時間以内でないと薬が出せません」とか「48時間過ぎているので、飲んでも効果がないです」と医師に言われたことはないでしょうか?
実はインフルエンザのお薬はウィルスを退治するのではなく、増やさないようにするのが目的なのです。48時間過ぎてしまうと、体内にいるウィルスが一番増殖している状態なので、服用しても効果が出ないのです。それどころか服用することにより副作用が起こる可能性があるで、服用は避けた方がいいでしょう。

最後にインフルエンザの予防について、4つ頭に入れておいて下さい。

(1)加湿 (2)マスクの着用 (3)うがい (4)手洗い


注意点としては...

(1)室温22度前後で湿度50%以上加湿(6時間後にはインフルエンザのウィルスの生存率が10%以下)
(2)手に付いたウィルスがマスクに付かないよう、マスクの外側を触らない
(3)うがいはイソジン等を使わず水で、なるべく長い時間をかけて行う
(4)手洗いは流水で、洗い流すことを心掛ける


この4点をしっかり意識して、今年はインフルエンザにかからないように冬を乗きっていきましょう。

» パル・コラム トップへ


お薬の情報ボックス パルコラム

RSS


ページ先頭へ